就職六大学ってどこの大学のこと?

今年は景気が良く、大学生の就職内定率が高いらしい。

 

今から40年位前に、景気が悪くなっても人気企業への就職先に困る事の少ない大学として、『就職六大学』というマスコミ造語が誕生した。

 

もちろん、東京六大学のもじりである。

 

この『就職六大学』とは、

 

1.東京大学
2.一橋大学
3.東京工業大学
4.慶應義塾大学
5.早稲田大学
6.京都大学

だったらしい。

 

その後、男女雇用機会均等法が施行され、女子大生の就職に対するハードルが低くなったことと、もともとの東京六大学のもじりという趣旨から、

 

1.東京大学
2.一橋大学
3.東京工業大学
4.慶應義塾大学
5.早稲田大学
6.お茶の水女子大学

 

とする人が現れた。

 

しかし、この頃では、

 

1.東京大学
2 一橋大学
3.東京工業大学
4.慶應義塾大学
5.早稲田大学
6.上智大学

 

でもいいような気もします。

 

皆さんは、どこの大学を指すのが合理的だと思いますか?