読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもの大学進学資金、3000万円以上かかりました。

大学の授業料の高騰。奨学金破産。大学進学が贅沢なことになりつつある。

 

私の知り合いのおじさんには、男の子が2人いる。

 

おじさんの家は、東京近郊県にあるが、2人の男の子は、2人共、慶應義塾大学に進学した。

 

長男は、文系だったが、司法試験を目指していたため、大学院まで進学した(大学院は国立大学)。

 

次男は、理系であり、慶應義塾大学の理系では、学部生の80%が大学院まで進学するので、当然の様に、大学院まで進学した。

 

この大学及び大学院で掛かった費用は、次の様になる。

 

1.文系の長男に掛かった学費
(大学)
入学金 20万円
授業料等の納入金 111万円✕4年=444万円
4年間の大学納入金合計 464万円

(大学院:国立大学)
入学金 28万円
授業料等の納入金 80万円✕2年=160万円
2年間の大学院納入金合計 188万円

大学及び大学院への納入金合計 552万円

 

2.理系の次男に掛かった学費
(大学)
入学金 20万円
授業料等の納入金 161万円✕4年=644万円

4年間の大学納入金合計 664万円

(大学院)
入学金 無し
授業料等の納入金 107万円✕2年=214万円

大学及び大学院への納入金合計 878万円

 

東京で一人暮らしをするためには、

この学校への納入金以外に、
アパート代 6.2万円/月
生活費 6万円/月(内:光熱費2万円を含む)
携帯代 0.8万円/月

 

一人暮らしの維持費用は13万円/月=156万円/年

 

兄弟とも大学、大学院にいる間4年間は、兄弟で一緒に住んでいたので、
二人暮らししている間は、
アパート代 7.4万円
二人分の生活費 10万円/月

        (光熱費2万円+純生活費4万円/人✕2人)
二人分の携帯代 1.6万円/月

 

二人暮らしの維持費用は19万円/月=228万円/年

(一人当り114万円/年)

 

以上から、

長男の大学及び大学院修了までに掛かった費用の合計は

1320万円

次男の大学及び大学院修了までに掛かった費用の合計は

1646万円

二人分を合計すると2986万円

 

実際には、これ以外に家電品や家具の購入費用、引越し費用、アパート契約に伴う手数料、敷金礼金が掛かるため、3000万円以上のお金が必要であった。

 

子ども二人で3000万円。

大学だけで、大学院に進学しなかったとしても2000万円。

 

この3000万円という金額を、奨学金を頼らず、子どものアルバイトにも頼らず、おじさんは、全額を負担した。

 

おじさんは、サラリーマンだったので、

 

子どもが生まれてから高校卒業までの18年間は、

子ども一人当り50万円/年、

 

大学入学から大学院修了までの6年間、

子ども一人当り100万円/年を

 

子どもの進学費用として、コツコツためて、

 

50万円✕18年+100万円✕6年=1500万円を捻出した。

 

話を単純化する為に二人分の費用で考えると、

 

子どもが生まれてから高校卒業までの18年間は、

年間100万円。

 

大学や大学院在籍中の6年間は、

年間200万円を給料から捻出し続けたことになる。

 

この捻出額は、普通のサラリーマンにとって、かなりキツイ支出だと思う。

 

もし、おじさんの子どもが三人兄弟だったら、この条件で三人とも進学させるのは無理。

 

子どもを大学や大学院まで進学させたいと思えば金銭的に面倒見られる子どもの数は、二人でもシンドイ。かくして少子化は止まらない。